らいふ遊◊狛江カルチャー

生活を楽しむカルチャースクール

TEL:03-5497-5139

受付時間 11:00~18:00/日曜定休

ビーズ織り

<生徒さん作成のタペストリー>

<講師作品。右下の靴下は袋状になっています>

ビーズならではの透明感と繊細な輝きが魅力のデリカビーズ織り

デリカビーズ織り

<生徒さん作成タペストリー>

平坦なものから立体まで、様々なものを織りあげる楽しみ

ビーズ織りはヴィクトリア朝時代に流行った手工芸です。繊細なビーズを織物のように織りあげるため、手触りはとても滑らかで、ビーズならではの透明感と繊細な模様を楽しむことが出来ます。
そのビーズ織りを簡単に織れるようにしたのが、「デリカビーズ織り」です。専用の織機を使ってビーズを織り上げていくので、仕上がりも美しく、様々な作品を作ることが出来ます。

ビーズ織りの特徴の1つに、自由な形を作り出せるということがあります。普通の織機は四角い布が織り上がりますが、デリカビーズ織りは丸でも三角でも自由な形に織ることが出来るのです。そんなデリカビーズ織りで作られる作品は、平坦な物から立体の物まで様々です

お教室で作られてきた作品は、ストラップや留め金がなく巻き付けるタイプのラリエットと呼ばれるネックレス、ブローチなどの小さな物から、パーティーバッグやタペストリー、ランプシェードなどの大きな物まで様々です。

<講師作品。右下の靴下は袋状になっています>

ビーズ織りだけでなく、リクエストに応じて様々な作品を

講師の徳中恵美子先生は、元々は他のクラフトの講師をしていました。しかし、教室の際に身につけていった、先生お手製のデリカビーズ織りのアクセサリーに生徒さん達が夢中になり、生徒さんの希望でデリカビーズ織りの教室を開いたという、少し変わったお教室です。

ですから、このお教室では生徒さんの希望が1番。デリカビーズ織りだけにこだわらず、ビーズニットやビーズステッチなど、様々な技法を取り入れ、豊富な作品を作っています。
「だって、ビーズ織りばかり作っていたら飽きちゃうかもしれないでしょう?たまには違う物を作って、楽しまなくちゃ」と徳中先生。

作品の図案は全て先生の手作りです。徳中先生は色々なジャンルの工芸を見ながら「これをビーズ織りで作ってみよう」とチャレンジされるそうです。
作ってみると、意外と作れちゃうんです。細かい作業になることもありますが、デザインの幅が広がって楽しいですよ」

先生の図案を元に、自分なりのアレンジを加えた作品創りができます

生徒さんは初めて数ヶ月の方から、10年以上のベテランの方まで、一緒に刺激しあって作品を作っています。

この日は、まだ初心者の生徒さんが先生の図案をベースにしてご自身でイースターエッグの図案を作っていました。
立体になるようにビーズを織り、中にプラスチックの卵型を入れると、キラキラと輝くイースターエッグが出来上がります。
「元々の図案があるので、それを参考に自分の作りたい柄を入れてみてるんです。まだ馴れないので分からないことばかりですが、先生に教えてもらいながら、なんとか出来上がりそうです」
元々ビーズに興味があったこの生徒さんは、「針にビーズを通していると、無心になれて気持ち良いんです。作業が終わると頭がすっきりするし、出来上がった作品は綺麗だし、もうビーズ織りに夢中です」と嬉しそうに語ってくれました。

<平面的な花びらを組み合わせ、立体的な仕上がりに>

70才を超えているベテランの生徒さんも、細かいビーズを巧みに編んでいらっしゃいます。
「編んでるときは大変なこともあるけど、できあがりを想像すると頑張っちゃうんですよ。出来上がった作品は、人にあげてしまうことが多いですね。皆さん、とても喜んでくれるんですよ」

ご興味を持たれた方は、まずは1日体験教室に参加してみませんか?材料費のみの2,000円で、その日の内にブローチを仕上げて、身につけて帰ることができます。

「せっかく楽しく集まるんですから、ただ習い事だけをして帰るのはつまらないですよね。楽しい午後のひとときを楽しみにいらっしゃいませんか?」という先生の言葉通り、当教室では後片づけが終わると、皆さんでお茶を飲んで楽しんでいます。
美味しいお茶と、共通の趣味を持ったお友達、そして素敵なビーズの作品達。あなたもぜひ楽しみに来てください。

講 師 徳中 恵美子(デリカビーズ織り協会講師)
開催日 第1金曜日/第3金曜日 13:00~16:00
受講料 月謝:5,000円(税込) 入会金:なし
材料費別途 織機代:4,000円(初回のみ)

<平面的な花びらを組み合わせ、立体的な仕上がりに>

<専用の織り機を使って作品を作ります>

HOMEへ

TOPへ戻る